安城市、碧南市、刈谷市、西尾市、知立市、高浜市の交通事故被害で悩む皆様へ | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

安城市、碧南市、刈谷市、西尾市、知立市、高浜市の交通事故被害で悩む皆様へ

名古屋総合法律事務所では、安城市、碧南市、刈谷市、西尾市、知立市、高浜市の皆様のご相談をお受けしております。

安城市、碧南市、刈谷市、西尾市、知立市、高浜市は、岡崎簡易裁判所(名古屋市中区三の丸1-7-1) の管轄区域です。

当事務所では、名古屋市内のお客様だけでなく、愛知県内のみなさまのご相談もお受けしております。

ご自宅からは離れますが、「家族や近所の人に知られることなく相談したい」というプライバシーを重視したお客様から、ご依頼をたくさん承っております。

公共交通機関でアクセスのしやすい、当事務所までご相談ください。

名古屋総合法律事務所がある丸の内は、久屋大通・堀川・桜通・外堀通で囲まれた町丁で、西に名駅、東南に錦三丁目・栄と名古屋を代表する繁華街に隣接しています。また北側には名古屋の官庁街である三の丸地区があり、足をのばせば名古屋城散策が出来ます。また、名古屋の古くからの町域であることを示す名古屋東照宮なども残っています。地下鉄久屋大通駅からはセントラルパーク地下街が広がり、お買い物にも便利です。

お仕事帰り・土曜相談もご相談受け付けます。

お仕事をお持ちの方は、平日昼間は自由な時間がなかなか取れないと思います。そんな方へ、毎週火・水曜日は夜9時まで相談を実施しております。桜通線丸の内駅4番出口から徒歩2分圏内ですので、お仕事帰りにお越しいただけます。

また、「平日はどうしても都合がつかない」という方へ、毎週土曜日の9時~17時まで、「土曜相談」を開催しております。

安城市

愛知県西三河地方、岡崎平野のほぼ中央、矢作川西岸に位置します。市域の大半をなだらかな台地が縦断し、市南東部は矢作川などによって形成された標高0.5m~27.7mの沖積平野が広がっています。
市内には明治用水の4本の幹線・支線が流れ、市域の約半分が田畑に利用されていますが、近年は宅地の土地利用が増えています。市街地は安城駅を中心とする市北部に形成されており、それ以外の地域には集落が点在しています。

明治期開通の明治用水によって大規模開墾、さらに先進的農業施策が行われたことから、農業先進国デンマークにたとえられ、「日本デンマーク」と呼ばれました。現在でも、県下有数の農業地帯であり、水稲をはじめ果樹や花きの生産、畜産などの多角的農業が営まれています。

高度経済成長期に工場進出が相次ぎ、豊田市・碧南市などの工業都市に隣接し、名古屋市への通勤圏という至便性から、都市化が市北部中心に進みました。自動車工業を中心とした第二次産業の大工場が数多く集積し、中京工業地帯を構成する都市のひとつとなっています。工場や住宅が多数建設されたことによって、商業も盛んです。

市内には、JR東海・東海道新幹線(三河安城駅)と東海道本線、名鉄名古屋本線、名鉄西尾線が通っています。また、JR安城駅を中心として、名鉄バスと市営コミュニティバスが運行されています。
高速バスによって、知多乗合(知多バス)が中部国際空港へ、JRバス関東とJR東海バスの共同運行バスによって東京・新宿へと繋がれています。自転車の利用も促進されています。

鉄道路線は、JR東海・東海道本線と名鉄名古屋本線、愛知環状鉄道線3路線が通り、市域を東海道新幹線が横切っています。JR岡崎駅と名鉄東岡崎駅が中核的存在です。
また、名鉄バス、知多乗合バス、まちなか賑わいバス、額田地域内交通などのバス路線によって、市内のほか周辺各地、中部国際空港と繋がっています。東名ハイウェイバス、ドリームとよた号、新宿ライナーなどによって、東京や横浜、静岡などと結ばれています。

毎年夏に開かれる安城七夕まつりは、日本三大七夕まつりの一つとされており、堀内公園や安城産業文化公園デンパーク、重要文化財を所有する本證寺、二子古墳(国指定史跡)などには、年間を通じて多くの利用者があります。特産品としては、県下最大の生産高をあげるイチジクがあげられます。

人口は、185,548人です(平成27年9月1日現在:安城市HPより)。


安城市の道路事情

市内には、国道1号やそのバイパスの国道23号という幹線道路がそれぞれ市の北端・南端を通っており、主要地方道である県道12号・44号・45号・46号・47号・48号・56号・76号・78号など多くの県道による道路網が整備されています。
市内や近隣市町村への連絡は自動車が多く利用され、市内では渋滞が慢性化し、通勤ラッシュ時には大渋滞の発生も見られます。

平成26年中に発生した交通事故のうち、人身事故件数は1,110件(うち重傷事故27件:知立市を含む)、死傷者数1,347名(うち死者6名)となっています(愛知県警察本部交通部『愛知県の交通事故発生状況:平成26年中』より)。

碧南市

北は油ケ淵、東は矢作川、西・南は衣浦港と、周囲を水に囲まれた、地形的には標高約10m強の台地および矢作川沖積地からなる平坦地です。市域の大半が埋立地で、居住地は中心部に集中しています。

市域の約4分の1が田や畑であり、南部一帯は露地野菜の県下有数の産地、北部は水稲、小麦、大豆、果樹などが栽培されており、施設園芸や畜産なども行われています。商業、漁業も盛んです。
碧南市は、日本最大級の火力発電所を擁し、衣浦港の重要港湾指定以来後は、衣浦臨海工業地域の中核都市として発展を続けています。臨海部には、自動車や鉄鋼、金属、食品、エネルギー関連工業などの分野で数多くの企業が進出する一方、三州瓦をはじめとする窯業、鋳物、醸造などの伝統産業も行われています。

九重味醂大蔵・九重みりん時代館(以上、国登録文化財)など歴史的な産業施設や、伝統ある寺院や自然豊かな公園など多くの観光施設を擁しています。
山車を曳く伝統的祭事や、さくら・藤・花しょうぶの三大花まつりには多くの観光客が訪れます。

市内には、名鉄三河線が刈谷市・知立市方面と碧南駅を結んでおり、衣浦臨海鉄道(貨物輸送)が操業しています。市内巡回「くるくるバス」や、西尾市と共同運行の「ふれんどバス」が走っています。

人口は、71,662人です(平成27年8月31日現在:碧南市HPより)。


碧南市の道路事情

国道247号および数多くの県道が通り、道路網を形成しています。

平成26年中に発生した交通事故のうち、人身事故件数は303件(うち重傷事故15件:高浜市を含む)、死傷者数368名(うち死者3名)となっています(愛知県警察本部交通部『愛知県の交通事故発生状況:平成26年中』より)。

刈谷市

愛知県のほぼ中央の西三河地区の西端に位置し、衣浦湾へ注ぐ逢妻川の下流に面しています。市域は海抜10m前後で全体的に平坦であり、境川、逢妻川、猿渡川等の中小河川が市内を東西に横断するように流れています。
市域の多くは台地で、工場や住宅地が拡がっています。河川付近に水田が多く見られ、市北部には果実・野菜栽培が行われています。

刈谷は、戦国時代の刈谷城の城下町として栄えました。豊富な地下水を利用した酒造業が栄え、また、この地方では豊橋と並ぶ蚕都でもありました。良質の粘土が産出したことから窯業も栄え、かつては近隣の商業の中心地でした。
豊田佐吉創業による豊田自動織機が大正時代に誘致されたことから、刈谷はトヨタグループ発祥の地ともいわれます。

現在は、市の中央部に自動車関連産業の本社や工場が並ぶ、日本有数の自動車工業都市として知られています。豊田系企業の工場誘致によって新興工業都市として栄え、地方商業都市としての経済圏を拡大し、愛知県の経済発展の先駆的役割を果たしました。
戦後は、高度経済成長とモータリゼーションの進展により、自動車関連産業の集積地として飛躍的な発展をとげ、日本有数の優良財政を誇るまでになりました。

市内には、JR東海東海道本線および名鉄名古屋本線・名鉄三河線が通り、JR刈谷駅が中核駅となっています。市域を東海道新幹線が通過しています。名鉄バス、刈谷市公共施設連絡バス、東浦町運行バス、アンクルバス(安城市営)、ミニバス(知立市営)が市内にバス路線網を形成しています。中部国際空港バスや東京への高速バスも運行されています。

刈谷市郷土資料館(国登録有形文化財)など多くの展示施設や、万燈祭りなどの伝統的行事、音楽イベントなどが有名です。きしめんの起源ともいわれる芋川うどんなどの特産品があります。外部からも利用可能な刈谷PAハイウェイオアシスは、観覧車や温泉施設もあり、連日多くの人でにぎわっています。

人口は、149,135人です(平成27年9月1日現在:刈谷市HPより)。

刈谷市の道路事情

伊勢湾岸自動車道、国道1号、国道23号(知立バイパス)をはじめ、国道155号、国道419号、主要地方道である県道48号・50号・51号・54号・56号など多くの県道が通る交通の要衝となっています。

平成26年中に発生した交通事故のうち、人身事故件数は917件(うち重傷事故11件)、死傷者数1,116名(うち死者4名)となっています(愛知県警察本部交通部『愛知県の交通事故発生状況:平成26年中』より)。

西尾市

愛知県の中央を北から南へ流れる矢作川流域の南端に位置し、東に山々が連なり、西に矢作川が流れ、南は三河湾を臨みます。抹茶の生産地としても知られ、三ヶ根山や三河湾に浮かぶ佐久島を含む一帯は三河湾国定公園に指定されています。

鎌倉時代以来の「西条城」が、後に「西尾城」と改称され、江戸時代に城下町がつくられました。現在の西尾市は、西三河南部地域の中核的な都市として自動車関連産業の発展とともに成長を続けてきました。
市内には、自動車関連企業の大規模事業所、鋳物工場、綿スフ織物産業が操業しています。

一方で、日本有数の生産量を誇る西尾茶(てん茶)や、洋ランやカーネーションなどの花き・園芸産業が盛んです。また、海苔やウナギの養殖、アサリなど農水産物の生産拠点としても発展しています。

名鉄西尾線や名鉄蒲郡線が市内を通り、西尾駅が中核駅となっています。東海道新幹線が市北部を通過します。また、名鉄東部交通バス、フレンドバス、六万石くるりんバスが市域にバス路線網を形成しています。

市内には、久麻久神社本殿(国指定重要文化財)、後奈良天皇宸翰般若心経(国指定重要文化財)を所蔵する西尾市岩瀬文庫(国指定登録有形文化財)などの歴史的な史跡や名所が点在します。西尾祇園際やてんてこ祭りなど伝統的な祭りや、森下万歳(国指定重要無形民俗文化財)など芸能も多く伝えられ、多くの人々が訪れます。

人口は、170,226人です(平成27年8月1日現在:西尾市HPより)。

西尾市の道路事情

国道23号(知立バイパス・岡崎バイパス)、国道247号をはじめ、主要地方道である県道12号・41号・42号・43号・46号などの県道が通る交通の要衝地です。

平成26年中に発生した交通事故のうち、人身事故件数は760件(うち重傷事故16件)、死傷者数966名(うち死者10名)となっています(愛知県警察本部交通部『愛知県の交通事故発生状況:平成26年中』より)。

知立市

愛知県のほぼ中央部、三河地方に位置しています。市域は平坦な土地であり、市の北部に逢妻川、南部に猿渡川が流れます。古くから鎌倉街道・東海道など交通の要衝として栄えました。

自動車関連工業が盛んで、その企業の本社や工場が点在しています。一方、伝統工芸品として仏壇(三河仏壇)の生産も有名です。

名鉄名古屋本線・名鉄三河線が市内を通っており、知立駅から名古屋駅までは特急で約20分です。また、名鉄バス・知立市コミュニティバスが市域にバス路線を広げています。高速バスによって、知多乗合(知多バス)が中部国際空港へ、JRバス関東とJR東海バスの共同運行バスによって東京・新宿へと繋がれています。

市内には、知立神社の多宝塔、知立の山車文楽とからくり(以上、国指定重要文化財)、知立神社の本殿など(国登録有形建造物)をなど、多くの文化財が所蔵されています。弘法山遍照院や無量寿寺などの伝統寺院、自然公園も点在し、知立祭りをはじめとする祭りや行事も年間を通じて数多く行われます。

人口は、70,775人です(平成27年8月1日現在:知立市HPより)。

知立市の道路事情

衣浦豊田道路、国道1号・23号(知立バイパス)・155号・419号、主要地方道である県道51号・54号などの県道が通っています。

平成26年中に発生した交通事故のうち、人身事故件数は376件(うち重傷事故27件:安城市を含む)、死傷者数450名(うち死者1名)となっています(愛知県警察本部交通部『愛知県の交通事故発生状況:平成26年中』より)。

高浜市

愛知県の中部、西三河地方に属し、三河平野の南西部に位置しています。衣浦湾東岸、標高2m~5mのほぼ平坦な低地で構成され、海岸線は延長5.4kmにおよびます。稗田川、高浜川などが市域を流れ、衣浦大橋を経由して半田市・知多半島とも繋がっています。近年は、高齢者や中高生対象の福祉施策の進んだ自治体としても注目を浴びています。

衣浦港に面した臨海地区では、木材加工や自動車製造関連を中心とする工業が発達し、自動車関連や食品会社の事業所・工場が進出しています。一方、産出粘土を用いた伝統手的窯業が盛んで、三州瓦や鬼瓦を始めとする飾り瓦の生産中心地でもあります。吉浜地区は、吉浜人形(雛人形・五月人形)の生産や、『高浜とりめし』で知られています。

市内の鉄道路線は、名鉄三河線が市内を通り、三河高浜駅が中心駅となっています。また、高浜市コミュニティバスや知多乗合バスが市域を走り、中部空港へはリムジンバスが運行しています。

市内には、全国で唯一の「かわら」をテーマにした「かわら美術館」や紫峰人形美術館などの施設、寺社や民家の屋根、道路や壁面を彩る鬼瓦や飾り瓦、ギャラリーなどが並ぶ「鬼みち」散策も人気を呼んでいます。また、おまんと祭りやえんちょこ獅子・銭太鼓などの伝統行事も年間を通じて数多く開催されています。

人口は、46,584人です(平成27年8月現在:高浜市HPより)。

高浜市の道路事情

衣浦大橋によって知多半島・半田市と結ぶ国道247号、および市街地から内陸部へ向かう国道419号をはじめ、主要地方道である県道46号・47号・50号などの県道が道路網を形成しています。

平成26年中に発生した交通事故のうち、人身事故件数は197件(うち重傷事故15件:碧南市を含む)、死傷者数238名(うち死者2名)となっています(愛知県警察本部交通部『愛知県の交通事故発生状況:平成26年中』より。

安城市、碧南市、刈谷市、西尾市、知立市、高浜市方面から、当事務所へのアクセス方法

名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階

map

【鉄道・地下鉄】

JR安城駅からお越しのお客様
JR東海道本線・安城駅→名古屋駅(名古屋市営地下鉄桜通線のりかえ)→丸の内駅→事務所(丸の内駅4番出口から徒歩2分):所要時間 JR安城駅から約45分
名鉄新安城駅からお越しのお客様
名鉄名古屋本線・新安城駅→名鉄名古屋駅(名古屋市営地下鉄桜通線のりかえ)→丸の内駅→事務所(丸の内駅4番出口から徒歩2分):所要時間 名鉄新安城駅から約45分

※各交通機関での所要時間はあくまで目安であり、交通事情により異なります。ご注意ください。


顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352