通院慰謝料等が増額された事例 | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

通院慰謝料等が増額された事例

事故の状況

駐車場で加害車両と接触した事故。相談者車両の側面(運転席側)に接触した。

 

ご依頼内容

相談者様はむち打ち症による痛みが残りながらも、相手方保険会社に症状固定診断を執拗に要求され、症状固定診断を医師に要請してしまいました。
しかし症状固定診断後も痛みは残り、通院治療の再開を相手保険会社に伝えたところ、症状固定以降の治療費は支給できないと告げられ、不満をお持ちでした。

 

解決の内容

担当弁護士が、相談者様が訴える後遺症が意図認定されない程度の症状による生活への支障を主張し、休業損害については相談者様が主婦であったことから賃金センサスに基づく女性労働者の全年齢平均賃金に基づき損害を算出して増額交渉を行った結果、約18万円増額されました。
相談者様は弁護士費用等特約に入っておられましたので、弁護士報酬等については全て加入保険会社から当事務所に支払われました。

 

事件解決までに要した時間

約2ヶ月

当事務所の解決事例の最新記事

顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352