通院慰謝料が増額された事例 | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

通院慰謝料が増額された事例

事故の状況

deaigashira

相談者様は一宮市の市道を走行中、左手から一時停止を怠った相手方車両と出会い頭で衝突しました。相談者様は運転していた車両は破損すると共に、頚部・背部挫傷等の負傷で約3ヶ月の通院治療を余儀なくされました。

ご依頼内容

相談者様は負傷(人身損害)に対して保険会社が提示してきた慰謝料が約20万円と低額であった為不満をお持ちでした。

解決までの道のり

ご依頼を受けて、担当弁護士が交通事故損害額算定基準(所謂青本)に基づき損害額を算定したところ、通院慰謝料の増額が見込めることが明らかとなりました。

解決の内容

担当弁護士が慰謝料等の増額交渉を行った結果、入通院慰謝料が約20万円から約30万円に増額され、相談者様に直接支払われました。
相談者様は弁護士費用等特約に入っておられましたので、弁護士報酬等については全て加入保険会社から当事務所に支払われました。

所感

本件は、人身損害については弁護士が介入することにより、裁判基準の賠償金を引き出すことができました。しかし、相談者様が相談にいらっしゃる前に物損の示談を成立させてしまっていたことから、相談者様が1割、相手方が9割で過失割合が決着してしまっており、人身損害の示談の際にも過失相殺されてしまいました。
相談者様が物損の示談が成立する以前に相談に来られていれば、過失相殺の割合が変わる可能性があったことから、早期に弁護士に相談することの重要性を改めて認識しました。

事件解決までに要した時間

約6ヶ月

当事務所の解決事例の最新記事

顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352