訴訟にて、脊椎の運動障害12級12号が認められ1052万円を獲得した事例 | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

訴訟にて、脊椎の運動障害12級12号が認められ1052万円を獲得した事例

事故の状況

交差点で右折のために一時停止中のA子さんの車両に、後方から加害車が追突してきました。A子さんは、約1年8か月の間、通院治療をすることになりました。

 

ご依頼内容

後遺障害等級の事前認定は、「局部に神経症状を残すもの」として第14級10号に該当するとしたが、脊椎の運動障害は認定されなかった。
保険会社の提示は、既払金(医療機関への支払い)を控除して、257万円でした。
後遺障害認定(後遺障害慰謝料、逸失利益)、家事従事者としての休業損害に不満をお持ちでした。

 

解決までの道のり

syorui_yomu_man寄せました。また、治療経過を確認後、主治医との打合せを行いました。
相手方保険会社から専門医の意見書が出されました。一方、こちらから申請した主治医の証人申請が採用され、証人尋問が実施されました。

 

解決の内容

判決にて、後遺障害等級12級12号に該当すると認定されました。
休業損害、逸失利益とも、企業計・全年齢平均・女性労働者・学歴計のA子さんの年齢相当の平均賃金の8割ないし7割に当たる額を基礎として算定され、相当額の休業損害、後遺障害慰謝料、逸失利益が認められました。また、弁護士費用、事故発生から年5パーセントの割合による遅延損害金が認められました。
賠償金額は、当初提示額より795万円増額した、1052万円を獲得することができした。

 

解決のポイント

診療録・レントゲン像・MRI像の検討と主治医の協力を得る努力が実を結び、A子さんの後遺障害についての主張立証が成功しました。

当事務所の解決事例の最新記事

顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352