損益相殺の基準は? | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

損益相殺の基準は?

Q 損益相殺の基準は?

損益相殺とは

calculator

損益相殺とは、交通事故の被害者が事故により損害を被るのと同時に、同一の原因により利益を受ける場合には、損害と利益との間に同質性がある限り、公平の見地から、その利益の額を被害者の加害者に対して求める損害賠償額から控除することをいいます(最高裁平成5年3月24日判決)。
損益相殺の典型例は、自賠責保険金や任意保険金の支払による損害の補填です。自賠責保険金や任意保険金は、加害者の交通事故により被害者に生じた損害の賠償を肩代わりするための保険金として支払われるものであり、既に受領したこれらの保険金は、加害者に求める損害賠償の額から控除されることになります。
その他、過去の裁判例において、損益相殺の認められたものとしては、受領済の遺族厚生年金や傷病手当金などの各種社会保険給付、所得補償保険契約に基づいて支払われた保険金などがあります。

 

損益相殺の基準

損益相殺の認められる基準として、裁判所は、 ⅰ)交通事故を原因として受けた利益であること
ⅱ)損害と利益との間に同質性があること

を挙げています。
まず、ⅰ)について、最高裁は、交通事故により被害者が死亡した場合において遺族の受け取った生命保険について、損益相殺を認めなかった理由として、生命保険金は既に払い込んだ保険料の対価たる性質を有し、もともと不法行為の原因と関係なく支払われるものであるからとしています(最高裁昭和39年9月25日判決)。
次に、ⅱ)について、最高裁は、被害者死亡の交通事故に関して、既に受給あるいは支給が確定した遺族基礎年金及び遺族厚生年金について、損益相殺の対象とはなるものの、相殺の対象となる損害は逸失利益に限定されるとしました(最高裁平成11年10月22日)。これは、遺族年金は、遺族の扶養のための利益であり、損益相殺の対象は、これと同質性のある逸失利益の範囲に限定され、その他の財産的損害や精神的損害との間で損益相殺することはできないとしたものです。

 

最後に

弁護士

以上のとおり、交通事故の被害を被った場合において、その事故により得た利益については、損益相殺の対象となり、賠償額から控除される場合があり、その基準は、ⅰ)交通事故を原因として受けた利益であり、ⅱ)損害と利益との間に同質性が認められることとされています。 もっとも、実際の事例では、そもそも損益相殺の対象なる利益であるか、損益相殺されるとして、どの損害との間において相殺の対象となるかについて明確に判断できない場合がありますから、事故を原因として受け取った利益が損益相殺されてしまうのか不安に思った場合には、一度弁護士に相談してみましょう。

損害額算定について詳しくはこちら

交通事故Q&Aの最新記事

顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352