交通事故Q&A アーカイブ | 名古屋市の弁護士の交通事故,後遺障害,死亡,人身損害事故の相談|愛知県岡崎市

交通事故Q&A

近親者の慰謝料請求

Q 先日、交通事故により妻が亡くなりました。 この場合、損害賠償を加害者に請求することはできるのでしょうか。 回答 民法711条に基づく、近親者の慰謝料請求及び、被害者自身の損害賠償請求権を相続したとして、加害者に損害賠償を請求することができます。 以下では、近親者の慰謝料請求権と被害者の損害賠償請求権の相続について詳しく説明します。 近親者の慰謝料請求 慰謝料とは、
続きを読む >>

交通事故における過失相殺

Q 先日車同士の交通事故を起こしました。その事故により、私はケガをしたのですが、相手の方もケガをしています。 この場合は、私が請求できる損害賠償額は、減少するのでしょうか? 回答 単独事故でない交通事故は、各々の当事者の不注意が原因で起こるものなので、その不注意の割合(過失割合)に応じて賠償額の減額調整が行われるのが通常です。 以下、この過失割合による損害賠償額の減額調整として
続きを読む >>

交通事故における使用者責任

Q 某宅配便会社の車と交通事故を起こしました。この場合、運転手と宅配便会社のどちらに損害賠償の請求ができるのでしょうか。 回答 運転手と宅配便会社の両方に損害賠償の請求ができます。 運転手は、直接の事故の当事者ということで、民法709条を根拠に損害賠償責任を負います。他方、宅配便会社については、民法715条の使用者責任を根拠として損害賠償責任を負います。 また、運転手は、自動
続きを読む >>

交通事故により負った傷害の損害賠償請求

Q 交通事故によりケガをした場合、いかなる請求ができるでしょうか? 回答 交通事故によりケガをした場合には、民法709条に基づいて交通事故により生じた財産的損害および精神的損害について、加害者に請求することができます。 以下、財産的損害および精神的損害について具体的に解説します。 1. 財産的損害 交通事故による損害賠償の対象となる財産的損害は、①被害
続きを読む >>

後遺症によりかかった治療費は請求できるの?

Q 後遺症によりかかった治療費は請求できるの? 私は過去に交通事故により負傷し、損害賠償請求訴訟に勝訴したのですが、その後後遺症が発生し、さらなる治療費がかかりました。 そこで、この後遺症によりかかった治療費は改めて加害者の方に請求することは可能でしょうか。 回答 通常、損害賠償請求権は損害及び加害者を知ったときから3年で消滅時効にかかりますが(民法724条)、予測し得なかったような
続きを読む >>

物損の損害賠償とは?

Q 物損の損害賠償とは? 物損とは? 物損とは、交通事故により物について生じた損害のことです。具体的には、車両、車両の積載物、乗員の携行品などの物についての損害です。 物損は、交通事故により発生した人の生命・身体についての損害(人損)とは区別された損害です。物損の賠償請求権は、人損の賠償請求権とは別個に消滅時効期間が進行します。そのため、人損と物損のいずれも示談が成立しない状況で
続きを読む >>

付添看護料の計算方法は?

Q 付添看護料の計算方法は? 交通事故の被害者が入院、通院する場合、付添看護を必要とすることがあります。 ①この負担について、損害賠償請求することができるのか、 ②損害賠償請求できるとして、その金額はどのように計算するのか が、問題となります。   付添看護料の計算方法 入院付添費 入院付添費は、医師の指示や受傷の程度、被害者の年齢等により必要があ
続きを読む >>

自賠責保険の限界は?

Q 自賠責保険の限界は? 自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法(自賠法)を根拠に、運行の用に供するための自動車につき国が加入を義務づけている強制保険です。 自賠責保険の下では、まず、交通事故と人損との間の因果関係が法律上推定されているので、被害者は因果関係を証明する責任を負いません。また、被害者に過失がある場合でも、過失割合が7割未満であるときは、保険金は減額されません。
続きを読む >>

示談後の請求はできるの?

Q 示談後の請求はできるの? 示談とは、交通事故により生じた損害の賠償について、被害者・加害者間で、加害者は一定の賠償金額を支払い、被害者がそれ以上の賠償金を請求しないことを内容とする合意です。 示談は契約の一種であり、被害者と加害者は、示談の内容に拘束されます。 したがって、被害者は、一旦示談が成立すれば、原則として、以後、加害者に対して、示談で決められた金額以上の損害賠償請求はで
続きを読む >>

逸失利益とは?

Q 逸失利益とは? 逸失利益とは 交通事故の被害者は、加害者に対して、逸失利益を損害賠償を請求することができます。 逸失利益とは、交通事故がなかったら、被害者が得られたであろう利益のことをいいます。 例えば、被害者が死亡したり後遺障害が残った場合、健常でいたら得られたはずの給与等の利益が損なわれます。これは交通事故がなかったら被害者が得られたであろう利益といえるので、逸失利益にあたりま
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352