後遺障害 | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

後遺障害

交通事故により受けた傷害の治療をして、交通事故に遭う前の状態に完治することもあります(=これを治癒と言います。)。
しかし、治癒せず、これ以上治療を続けても改善が見込めないという状態になることもあります(=これを症状固定と言います。残ってしまった症状を後遺症と言います。)。
そして、後遺症のうち、自賠責保険において賠償の対象となるものを後遺障害と言います。

 

交通事故での後遺障害が残ってしまった皆様へ

 

後遺障害の等級

後遺障害には、その障害の程度によって、1級から14級までの等級があります。1級が最も重い後遺障害で、14級が最も軽い後遺障害であるとされ、14級よりも軽い場合はそもそも後遺障害として認定されません(=これを非該当と言います。)。
この等級によって損害賠償の額が大きく変わってくることとなるので、実務上、等級認定をめぐって争いになることが多くなります。


顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352