等級認定に不満がある場合 ~異議申し立て~ | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

等級認定に不満がある場合 ~異議申し立て~

通知された後遺障害等級の認定結果に不満がある場合、損害保険料率算定機構に異議申立をすることができます。

しかし、等級認定の異議申立をしても、認められない場合も多く、被害者が独力で認定等級の結果を変えることは困難なのが現実です。
これは、後遺障害の等級認定は、後遺障害診断書に拠るところが大きいのにもかかわらず、多くの被害者は、後遺障害の適切な等級認定のために必要な記載がある後遺障害診断書を取得できないからであると考えられます。

異議申立をするときは、後遺障害等級の認定基準を充たすように、主治医に後遺障害診断書を書き直してもらったり、主治医以外の医師にカルテを見せて意見書を書いてもらうなどして、新たな資料を用意することが不可欠です。

異議申立が認められない場合には、裁判で最終的な決着をつけることになります。
異議申立や裁判手続を独力で行うのは困難なので、後遺障害等級の認定基準に精通した弁護士に依頼することをお勧めします。


顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352