任意一括請求・被害者請求のメリットデメリット | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

任意一括請求・被害者請求のメリットデメリット

一括払制度

任意自動車保険の対人賠償保険は、自賠責保険によって支払われる金額を超過する場合に限り、その超過額に対して、保険金を支払うという制度です。
したがって、本来であれば、自賠責保険の請求をした後に、不足が生じた場合に対人賠償保険からの支払いを受ける必要があります。

この二重の制度では、非常に手続きが複雑になりますし、自賠責と保険会社とで認定が異なる事態が生じかねません。そのため、加害者側が自賠責保険契約と対人賠償保険契約に加入している場合には、任意保険会社が、自賠責保険から支払われる金額も含めて、一括して支払うという制度かぜ確立しています。

そして、任意人保険会社が自賠責保険相当額を立て替えた場合には、任意保険会社が自賠責保険会社に対し、求償し回収することになります。

 

事前認定制度

悩み被害者に過失があり、過失相殺の額に争いがある場合や、あるいは後遺障害の有無及び程度(等級)に争いがある場合には、将来任意保険会社が自賠責に求償した時点で、自賠責保険金の支払いを受けられないなどのトラブルが生じる場合があります。

そのため、任意一括請求をする場合には、自賠責から支払われる見通しがあるかを確認するため、任意保険会社は、被害者から同意を取った上で、病院に直接、月々の診断書や診療報酬明細書を請求し、受領し、後遺障害等級の認定の申請をします(事前認定)。

保険会社が資料をそろえて申請してくれるという意味では便利です。しかし、他覚症状のある損害の場合には、誰が障害等級の認定を申請しても、あまり違いがないことが多いですが、他覚症状がない場合には、申請する資料によっては、後遺障害等級の認定に違いが生じ、後にあらたな診断書などに基づき損害保険料率算出機構に対して異議申し立てをすることもあります。

 

被害者請求

一括払制度を利用しない場合には、被害者自身が自賠責保険会社に申請を出したうえで、後遺障害の等級の認定を求めます。これを被害者請求と言います。

この場合には、病院の診察記録などは、保険会社の手に渡りませんが、資料を自ら集めなければならず、大変なのも事実です。

また、自賠責の限度額を超えて支払いがなされませんので、別途訴訟などで任意保険会社や加害者に対して、損害賠償請求をしなければなりません。    


顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352