自賠責の限界 | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

自賠責の限界

自動車損害賠償責任制度(自賠責制度)とは

車自動車損害賠償責任制度(自賠責制度)は、被害者に対する最低限度の補償を実現するために、自動車損害賠償責任保険または自動車損害賠償責任共済に加入していない自動車を運行の用に共することを禁止する制度で(自賠法5条)、違反者には1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が課されています。

加入が法律で強制されているので、強制保険とも呼ばれています。

 

任意保険

被保険者の被害者に対する損害賠償債務のうち、自賠責保険の限度額を超える部分や支払対象外の責任をカバーするため、あるいは被保険者自身の損害をカバーするために任意で契約する保険を任意保険と呼んでいます。

 

自賠責保険・自賠責共済の支払対象と限度額

自賠責保険等は、被害者の生命又は身体に関する損害 (いわゆる人損) のみが支払いの対象であり、自動車の修理費等の損害(物損)については、支払限度額の範囲内であっても支払いの対象となりません。

また、自賠責保険等による支払限度額は、被害者1名に対して、症状固定までに被害者に発生した損害(治療費)については120万円、後遺障害に関する損害についてはその程度(等級)に応じて75万円から4,000万円、死亡に関する損害については3,000万円です。

自賠責は、あくまでも最低限度の保証を目的とするため、任意保険に比べて、その支払額は低額です。

加害者が自賠責以外加入していない場合

自賠責には、物損に関する支払いが含まれておりませんし、また、人損についても最大でも40000万円しか支払われません。そこで、加害者が自賠責以外に加入していない場合、自賠責保険金が被害者へ支払われても、それでは不足する損害があるのが通常です。
その場合にもあきらめる必要はありません。自賠責でカバーできなかった損害に関して、被害者から賠償請求をすることができます。


顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352