背中 | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

背中

背中(体幹)の後遺障害

背中交通事故による体幹の傷害としては、鎖骨、肋骨、脊椎の骨折が大きな問題となります。
骨折が治った際にも、変形が残り、機能面よりも醜状の問題が残る場合が少なくありません。
また、脊椎の骨折においては、椎体の変形だけでなく運動障害も問題となりますが、診断書に可動域の制限ありとの記載があっても、等級認定で認められないことがあります。そのため、後遺障害診断書作成の段階から、早期に後遺障害等級認定に詳しい弁護士に相談することをお勧めいたします。

 

脊柱・その他体幹の後遺障害等級

脊柱の運動障害
6級5号 脊柱に著しい奇形又は運動障害を残すもの
8級2号 脊柱に運動障害を残すもの
脊柱の変形障害
6級5号 脊柱に著しい奇形または運動障害を残すもの
8級2号 脊柱に運動障害を残すもの
11級7号 脊柱に変形を残すもの
その他
12級5号 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの

顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352