脳 | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

高次脳機能障害

脳高次脳機能障害とは、脳に損傷が起きた結果、脳の機能のうち、高次脳機能と呼ばれる知覚をつかさどる機能に障害が起きるというものです。

高次脳機能障害が起きると、①認知障害、②行動障害、③人格変化などの症状が出るとされています。

①認知障害としては、記憶、記銘力障害、注意・集中力障害、遂行機能障害などが生じるとされています。直前に話したことを忘れていたり、集中力が続かなくなるといった症状が良く見られます。

②行動障害としては、社会のルールやマナーが守ることができない、周囲の状況に合わせた適切な行動を取ることができない、複数のことを同時に処理できないなどの症状が生じます。典型的には、約束の時間に頻繁に遅れるようになる、周りの人(同僚や家族)とのトラブルが起きるなどの症状があります。

③人格変化としては、易怒性、衝動性などの性格の変化が生じるとされています。すぐに怒り始めたり、泣き出すなど、事故前にはなかった側面が見られるようになり、性格に変化が生じます。

脳の後遺障害等級

高次脳機能障害
3級3号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5級2号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級4号 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級10号 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの

これらの障害認定に当たっては、画像所見が重視されています。事故直後から症状固定までの経過観察中のCT・MRI画像が認定に使用されています。また、受傷直後の意識障害の検査記録(JCSスケール)や周りの親族による事故前との性格を比較した「日常生活報告書」も主要な医証とされています。


顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352