足 | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

足(下肢)の後遺障害

足交通事故による下肢の怪我としては、骨折や靱帯損傷、捻挫、神経損傷が多いです。
急ブレーキを踏んだ際に、踏ん張った結果、膝や足首に急激な負荷がかかり、捻挫や関節痛を発症することがあります。また、運転されていた場合、ダッシュボードに足が衝突したり、挟み込まれることにより、甚大な障害を招くことがあります。
とりわけ、足の骨折では、歩行や日常生活での動作に大きな影響を与えますので、後遺症が残ってしまう場合には甚大な支障をきたします。後遺障害が残った場合には、後遺障害等級認定が適切になされるよう、後遺障害等級認定に詳しい弁護士に早い段階から相談されることが重要です。

 

下肢の後遺障害等級

欠損による後遺障害
1級5号 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
2級4号 両下肢を足関節以上で失ったもの
4級5号 1下肢をひざ関節以上で失ったもの
4級7号 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
5級5号 1下肢を足関節以上で失ったもの
機能障害
1級6号 両下肢の用を全廃したもの
5級7号 1下肢の用を全廃したもの
6級7号 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
8級7号 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
10級11号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
12級7号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
奇形障害
7級10号 1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
8級9号 1下肢に偽関節を残すもの
12級8号 長管骨に変形を残すもの
短縮障害
8級5号 1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
10級8号 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
13級8号 1下肢を1センチメートル以上短縮したもの

 

手指の後遺障害等級

欠損障害
5級8号 両足の足指の全部を失ったもの
8級10号 1足の足指の全部を失ったもの
9級14号 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
10級9号 1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
12級11号 1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足趾以下の足指を失ったもの
13級9号 1足の第3の足趾以下の1または2の足趾を失ったもの
機能障害
7級11号 両足の足指の全部の用を廃したもの
9級15号 1足の足指の全部の用を廃したもの
11級9号 1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
12級12号 1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
13級10号 1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
14級8号 1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの

顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352