公園・遊園地等での事故 | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

公園・遊園地等での事故

park公園でふざけていたら、友達にケガを負わされた
ブランコ・滑り台から落ちてしまった
遊具や、遊園地のアトラクションが整備不良のため、ケガをした

公園での事故について

 ・遊具等の瑕疵に起因する事故については設置・管理者に対して  ・子供同士の遊びに起因する事故については、加害児童ないしその親に対して責任追及していくことになります。

設置・管理者が国、地方公共団体の場合は、国賠2条1項の適用が問題となりますし、入園料が生じている場合には、安全配慮義務違反に基づく債務不履行責任(民法415条)の問題、学校行事の一環である場合には学校事故としての問題となります。。


顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352