西尾市の交通事故被害にあってお悩みの方へ | 名古屋市の交通事故,後遺障害に強い弁護士の無料相談 | 愛知県

西尾市の交通事故被害にあってお悩みの方へ

「保険会社から「症状固定」で治療費を打ち切られた」
「家族が事故で亡くなった。どう交渉すればいいの?」
「事故直後にしておくべきことはある?」

交通事故の被害にあってしまった皆さま、
そして家族を事故で亡くされた皆さまは、
ケガがいつ治るのかという不安や生活の不安、加害者に対する怒りなど
たくさんの思いを抱えていらっしゃると思います。

弁護士法人名古屋総合法律事務所は
交通事故被害者専門の弁護士事務所です。

皆さまの不安や怒りなど『納得できない』という思いを
すこしでも和らげられるよう、
またご相談者様の利益が最大限になるよう、
事件解決まで伴走いたします。

交通事故にあってしまい、
不安な方、納得いかない問題を抱えていらっしゃる方は
ぜひ当事務所にご相談ください。

必ずあなたのお力になれるよう、全力を尽くします。

名古屋総合法律事務所岡崎事務所

1. 弁護士法人名古屋総合法律事務所の解決事例

通院慰謝料が増額された事例

事故の状況

Eさんは市道を車で走っている最中に、左から一時停止をしなかった相手方の車とぶつかりました。
Eさんの車は破損、Eさんは頸部・背部挫傷等のケガを負い、約3カ月通院をすることになりました。

ご依頼内容

Eさんは、相手方の保険会社が提示してきた慰謝料が20万円と低額であったため不満を持ち、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

解決までの道のり

受任後、当事務所で交通事故損害額算定基準(所謂青本)に基づいて損害の金額を計算してみたところ、通院慰謝料の増額が見込めました。

解決の内容

これを基に慰謝料等の増額を求めて交渉を行いました。結果、慰謝料は約20万円から30万円に増額されることになりました。

Eさんは保険で弁護士費用等特約に入っていらっしゃったので、弁護士報酬等については加入していた保険会社から支払われました。

所感

今回の件は、弁護士が介入することにより、人身損害については裁判基準の賠償金を引き出すことができた事例です。

しかし、Eさんは相談される前に物損の示談(Eさん1割、相手方9割)を成立させてしまっており、これは人身損害の示談の際にも過失相殺となってしまいました。
示談する前に相談にいらっしゃっていたなら、過失相殺の割合が変わる可能性もありました。

こういったこともありますので、何か交通事故の被害を受け不明点や不満点がありましたら、早めに弁護士に相談することをおすすめいたします。

2. 弁護士法人名古屋総合法律事務所 岡崎事務所が選ばれる理由

(1) 地元愛知・名古屋に密着!

当事務所は、岡崎市と名古屋市丸の内に相談できる窓口がございます。

そのため、地元の地理に明るく事故の原因の把握もスムーズです。

(2) 相談料・着手金0円(完全成功報酬制)

ご相談者様の負担にならないよう、

相談料金 0円(初回、2回目のみ)
着手金 0円
費用については完全成功報酬制(後払い)

の料金体系を敷いています。

(3) 事故直後からご相談可能

症状が固定される前の相談は受け付けない、という事務所もありますが、
当事務所は違います。

交通事故の被害者が最もサポートを必要とするのは、
事故直後から、どこの病院で、どういった治療を受けるのか、
後遺障害の等級認定はどうするのかという細かなサポートを行い、
被害者が適切な等級認定を得、また適正な賠償金を得ることを目指しています。

(4) 医療機関へ同行します

後遺障害が残ってしまった場合、適切な賠償を受けるためには診断書が必要です。

その診断書を作成する際、被害者と医師との面談に、弁護士が同行し担当医にどんな検査をしていただきたいか伝え、書面の中で強調してほしい点などがあれば、直接お願いしています。

(5) 後遺障害の等級認定もサポート可能。

後遺障害の認定は、医学的な知識があり、なおかつ等級認定を熟知していることが必要な特殊分野です。

当事務所では、この分野に詳しい外部専門家と連携して、適正な認定が受けられるようサポートいたします。

3. ご相談までの流れ

(1) お電話かメールで、ご相談の予約をお願いします。

(2) 相談票への記入をし、ご返送をお願いします。

(3) ご相談当日、事務所にお越しください。

名古屋市丸の内にある本部事務所か、岡崎にある岡崎事務所、
どちらかご予約いただいたほうにお越しください。

詳しくはこちらをご覧ください。

4. 料金・費用

弁護士費用特約がある場合とない場合とで、料金は変わってきます。

詳しくはこちらをご覧ください。

5. 交通事故 Q&A

Q1

示談後の請求はできるのか?

Ans.

示談とは、交通事故により生じた損害の賠償について、被害者・加害者間で、加害者は一定の賠償金額を支払い、被害者がそれ以上の賠償金を請求しないことを内容とする合意です。

続きはこちら

Q2

逸失利益って何?

Ans.

逸失利益とは、交通事故がなかったら、被害者が得られたであろう利益のことをいいます。

続きはこちら

6. 西尾警察署管轄区域の交通事故状況

平成29年
死傷者数 子供 若者 一般 高齢者
うち
死者数
うち
死者数
うち
死者数
うち
死者数
うち
死者数
西尾警察署 862 2 72 0 133 0 511 1 146 1

愛知県警察HP 交通統計より
西尾市の交通事故死傷者数は減っていますが、高齢者の死傷者数が増えています。


顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制. 0120-758-352