目立つ傷痕が残った場合(外貌醜状) | 名古屋市の弁護士の交通事故,後遺障害,死亡,人身損害事故の相談|愛知県岡崎市

目立つ傷痕が残った場合(外貌醜状)

治療は終わった、けれど、目立つ傷痕が残ってしまった場合、加害者に何を請求することができるのでしょうか?

傷痕について、後遺障害が認定される場合は、下の表の通りです。 「外貌」とは、頭部、顔面部、頸部のように、上肢および下肢以外の日常露出する部分をいい、また、「醜状(障害)」とは、傷跡などの醜い状態が残ったことをいいます。

その中でも特に重要な点は以下のとおりです。

等級 状態
7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの
9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すもの
12級14号 外貌に醜状を残すもの
14級4号 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
14級5号 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

1.慰謝料

まず、精神的なショックがあります。消えない傷痕のせいで、人付き合いに消極的になったり、自分に自信が持てなくなったりして、苦しむかもしれません。

そのような損害を補うのが、慰謝料です。

kega_gantai_man

2.逸失利益

次に、逸失利益というものがあります。

これは、将来、稼ぐことができたであろうお金について、交通事故の影響で減ると見込まれる場合に、認められます。先ほど、傷痕が対人関係に及ぼす影響について、少しだけ触れましたが、このような影響は、仕事の上でも現れると考えられます。

分かりやすい例でいうと、タレント業を今後も続けていく予定だったのに、顔に大きな傷痕が残ってしまったせいで、仕事量が減少してしまう場合があります。タレントでなくても、接客業や営業職だと、見た目が仕事に及ぼす影響は否定できません。

このような場合に、逸失利益が認められることがあります。

3.さいごに

障害というと、手足が動きにくい、目が見えない、といったイメージがあります。ですが、たとえそうでない場合であっても、被害者本人にとって精神的苦痛の原因になったり、生活が一変したりする障害があります。

その一つが、今回ご紹介した目立つ傷痕(外貌醜状)です。

ですが、外貌醜状を理由とする慰謝料や逸失利益について、その金額には大きな幅があります。また、そもそも貰えるのか、という問題もあります。保険会社との交渉次第な部分も否めません。

もしもお悩みでしたら、一度、名古屋総合法律事務所にご相談ください。

何かお力になれるかもしれません。


顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制. 0120-758-352