ブログトップ | 名古屋市の交通事故に強い弁護士【名古屋総合法律事務所】愛知県

名古屋市の交通事故,後遺障害に強い弁護士の無料相談

名古屋の弁護士による 交通事故相談 相談料・着手金0円 賠償金増額のプロフェッショナル集団 名古屋総合リーガルグループ

名古屋・丸の内本部事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

金山駅前事務所

金山駅
南口 正面すぐ

本山駅前事務所

本山駅
3番出口すぐ

岡崎事務所

JR岡崎駅
徒歩8分

労災給付と自賠責保険は両方使えるのか

交通事故が起きた際に
「過失が事故当事者のどちらにあるか」、「賠償金がどの程度支払われるか」
など気になる点は複数あると思われます。

事故に遭った方にとって一番の関心事は、
「事故の補償が受けられるのかどうか」ではないかと思われます。

任意保険に入っていないドライバーは10%

交通事故が起きた際に、加害者が任意保険に入っていない場合もあり得ます。

損害保険料率算出機構の統計によると、概ね75%が自動車保険(任意保険)に入っており、約13%が自動車共済に入っているそうです。
そうしますと、任意の自動車保険・自動車共済に入っていない車両は、だいたい10%程度ではないかと思われます。

この約10%程度という割合を、高いとみるか、低いとみるかの問題はありますが、10台に1台くらいの割合で、任意の保険・共済には加入しておらず、そのため「事故の補償がどのようになるか不安」な状態になる方も出てくると思われます。

自賠責保険、あるいは労働災害保険でも給付を受けられる

自動車賠償責任保険は、強制加入のため、任意の自動車保険に入っていない自動車との事故であっても、自賠責保険からの給付を受けることは可能です。

また、通勤等を含めて仕事中の交通事故の場合に限られますが、そのような場合には労働災害として、給付を受けることも可能です。

この場合、自動車賠償責任保険と労災給付には、特に優先順位はありませんので、自動車賠償責任保険へ請求することも、労災給付の方で請求することも、どちらも考えられます。

自賠責保険とは

自動車賠償責任保険は、治療費、休業損害、慰謝料が一定の限度額の範囲内で支払われます。

また、後遺障害が残ったと認定された場合や死亡した場合には、決まった内容で支払いを受けることができます。

自動車賠償責任保険では、過失の割合によって給付内容が減額される場合があります。

ただし、被害者保護の観点から、被害者の過失が7割未満であれば減額はされず、被害者の過失が7割以上になってくると、その過失割合と補償内容に応じて、一定の範囲内で補償が減額されていくことになります。

また、あくまで自動車賠償責任保険は、被害者の保護を目的としていますので、過失が10割の場合、つまり事故を起こした責任が100%ある場合には、被害者ではないため、自動車賠償責任保険からの給付を受けることはできません。

労働災害給付とは

労災給付でも、一定の項目について補償を受けることができます。

例えば、療養補償給付(治療費)、休業補償給付(仕事を休んだ際の賃金に該当する部分)、障害補償給付(身体障害が残った場合)、といったものがあります。

労災給付は、労働者の保護を目的としていますので、労災事故が発生した場合に労働者に過失があったとしても、原則として労災給付は支給されることになります。

自賠責保険と労働災害保険、どっちにするべき?

自動車賠償責任保険と労災給付の違いとしては、上記のような違いがありますが、自動車賠償責任保険では慰謝料が支払われ、労災給付では慰謝料は支払われない、という違いもあります。

自動車賠償責任保険と労災給付の違いとしては、上記のような違いがありますが、自動車賠償責任保険では慰謝料が支払われ、労災給付では慰謝料は支払われない、という違いもあります。