名古屋市の交通事故,後遺障害に強い弁護士の無料相談

名古屋の弁護士による 交通事故相談 相談料・着手金0円 賠償金増額のプロフェッショナル集団 名古屋総合リーガルグループ

名古屋・丸の内本部事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

金山駅前事務所

金山駅
南口 正面すぐ

本山駅前事務所

本山駅
3番出口すぐ

岡崎事務所

JR岡崎駅
徒歩8分

むち打ち(首)の後遺障害認定ポイント

むちうち症とは

首むちうち症は医学的な名前ではなく、正式には、「外傷性頸部症候群」「頸椎捻挫・腰椎捻挫」と言います。

むちうちは交通事故の代表的な後遺症であり、多くの被害者の方が悩まれています。

事故にあって数日間は症状がでなくても、後から症状がでることがありますので、必ず医師に診てもらうようにしてください。
医師の診療を受けていないと、後から交通事故との因果関係を証明するのは難しくなってしまうためです。

むち打ちの種類と主な症状

頸椎捻挫型
頸部への衝撃により、頸椎(首の骨)の周りの筋肉や靭帯など組織が過度に伸びたり断裂することによって生ずるもので、むち打ち損傷の大部分がこの類型といわれています。
症状としては、首、肩、背中の痛みや筋肉の凝り、首や肩の可動域が制限されることもあります。
根症状型
事故の衝撃で骨が元の位置からずれてしまうことによって、神経の根元が引き伸ばされたり、圧縮されることで症状を発するものです。
症状としては、首や手足の痛みやしびれ、だるさ、筋力の低下、頭痛などの症状が起こり、放置すると悪化する可能性があります。
バレー・リュー症候群型
頸部交感神経が刺激を受けることで、めまい、耳鳴り、頭痛、記憶障害、倦怠感、吐き気など全身に症状が出ることがあるのが特徴です。
はっきりとした原因は未だ解明されていないため、治療が難しいものとされています。

むちうち(外傷性頸部症候群)の後遺障害

むちうちは、後遺障害に該当しないと思われている方も多いのではないでしょうか。むちうちは、見た目では外傷がないため後遺障害の認定は簡単ではありません。しかし、むちうち症は、これまでにも後遺障害に認定された判例がありますので、適正な検査と治療を行い、それでも痛みが取れないときは、後遺障害の認定を受けることが大切です。

12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号 局部に神経症状を残すもの

12級は、首や上肢、背中などに残っている症状が、レントゲンやCT、MRIなどの検査結果があるなど、他覚的所見により認められる場合です。

14級は、検査結果からなどからは証明することができないが、受傷時の状態や治療の経過などから一貫性が認められ、医師が症状を推定でき、将来においても回復が困難と見込まれる場合です。

むちうち(外傷性頸部症候群)の裁判例

ケース1
自賠責保険の認定:非該当→裁判所の判断:後遺障害12級認定

スーパーの駐車場内で、駐車待ちのために停車していた原告車両に、駐車場から出ようとした被告車両が原告車両の後方に衝突した事故。

この事故で、原告は腰椎捻挫ないし腰椎椎間板ヘルニアのために腰部から左臀部にかけての疼痛が残存し、かかる疼痛のため胸腰椎部の運動制限が生じていましたが、自賠責からは後遺障害非該当との認定を受けました。

また、被告側からは、本件事故は原告車両のリアバンパーに少し傷が付いた程度の軽微な衝突事故であり、この程度の事故で原告が受傷したとは考えられないため、原告の腰椎椎間板ヘルニアは本件事故によるものではないとの主張がされました。

裁判所は、腰椎椎間板ヘルニアは椎間板の退行変性の過程で生じ、何らかの動作にともなって発症する場合もあれば、はっきりした発症のきっかけが分からない場合もある疾患であるのであると示したうえで、本件事故程度の軽微な衝撃であっても腰椎椎間板ヘルニアの発症を誘発する原因となり得ることを指し示す事情でもあるといえるところ、原告には、本件事故当時すでに退行変性が存したと認められるのであるから、本件事故が一因となって腰椎椎間板ヘルニアが生じたと考えても不自然ではなく、原告の治療経過などからすると、本件事故が原告の傷害及び後遺障害の一因となっていることは否定できないとして後遺障害等級12級に該当すると認めるのが相当であると判断しました。

(神戸地判平成13年9月5日)

ケース2
自賠責保険の認定:非該当→裁判所の判断:14級

雨の降っている夜間、原告が普通貨物自動車を運転して高速道路を進行していたところ、被告の運転する大型貨物自動車に後方から追突された事故。

この事故で、原告は外傷性頸部症候群、腰椎捻挫、左肩打撲傷、胸部打撲傷及び右膝打撲傷の傷害を負いました。

原告は、本件事故直後から外傷性頸部症候群に伴う左上肢のしびれやだるさなど左上肢に係る症状を訴えておりましたが、自賠責からは、左上肢のしびれ、左上肢のだるさ、姿勢変換困難等の症状について、頸部画像や診断書上からは認められず、その他症状経過、治療状況等も勘案した結果、将来においても回復が困難と見込まれる障害とは捉え難いことから、後遺障害には該当しないと判断されました。

裁判所は、頸部の画像上、頸部に本件事故による骨折等の外傷性の異常所見や脊髄・神経根への明らかな圧迫所見は認められないことからすれば、原告の上記症状について、医学的な証明がされているということはできないが、原告が本件事故直後から一貫して、左上肢のしびれやだるさなど左上肢に係る症状を訴えており、症状固定時において左上肢に係る神経学的異常所見及び左握力の低下がみられること、主治医の意見、受傷態様等から本件事故により、原告に左上肢のしびれ等の症状が残存したことについては医学的に説明可能なものと認めることができるとし、後遺障害14級に該当するものと認めるのが相当であると判断しました。

(大阪地判平成28年9月27日)

名古屋総合法律事務所は診断書作成からサポートいたします

初めて交通事故に遭われた被害者様が、むちうち症状の後遺障害認定を受けるには、わからないことだらけだと思います。

「体が痛くてつらいのに、保険会社からしつこく電話が掛かってくる・・・」。むち打ち症状は怪我のように目に見えるわけではないので、周囲の理解を得るのが難しいばかりか、加害者の保険会社からも仕事を休む必要はないなど言われてしまいます。痛みを我慢し、満足な日常生活が送れず、辛い日々を過ごされているでしょう。

後遺障害認定の経験豊富な専門家のアドバイスを受けて、後遺障害診断書を作成すればむちうちが後遺障害として認められる可能性は格段に高くなります。名古屋総合法律事務所では、事故直後から弁護士や専門スタッフがサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。