交通事故,後遺障害に強い弁護士の刈谷市の損害賠償請求の相談

名古屋市の交通事故,後遺障害に強い弁護士の無料相談

名古屋の弁護士による 交通事故相談 相談料・着手金0円 賠償金増額のプロフェッショナル集団 名古屋総合リーガルグループ

名古屋・丸の内本部事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

金山駅前事務所

金山駅
南口 正面すぐ

本山駅前事務所

本山駅
3番出口すぐ

岡崎事務所

JR岡崎駅
徒歩8分

刈谷市の交通事故被害者の皆様へ

刈谷市の交通事故の相談例

自転車と車の事故

  • 「保険会社は、私の将来の昇給を無視して、低い賠償額しか提示しない。」
  • 「事故で足を骨折した。運動制限の後遺症が残ったが、保険会社はこちらの逸失利益を認めない。どうればいいのか?」
  • 「自転車対車の事故で、車の一方的な過失なのに自転車の私にも過失があると言ってきている。納得できない。」
  • 「コンビ二の駐車場での事故で、事故の過失についてもめている。」
  • 「深夜、道路を歩行中の弟が車にひかれて死亡した。弟の歩行の位置、飲酒の問題などが問題となっている。どのように対応したらいいか。」

刈谷市の交通事故の被害にあわれた皆様

そして、交通事故で傷害を負われた皆様
ケガはどうなるのか、後遺障害は残るのかという不安、これからの生活の不安、仕事ができないのでは、または職場に復帰できるのかという不安、家族はどう思っているのか、家族との関係はこれからどうなるのかという不安。
これらの不安と加害者の誠意のない対応に対する怒りなど、多くの辛い思いをされていると思います。

また、示談のプロの保険会社担当者にうまくおだてられて、示談書に署名押印してしまいそうになり、寸前で思いとどまった幸運な方もいらっしゃいます。

「もっと早く相談しておればよかった」という声をよく聞きます。

保険会社は交通事故被害者の味方ではないです。
保険会社の提示額は、裁判基準と比較して相当低いです。
かなり少ないのは、事実です。
保険会社は企業利益を出すため、いかに低い額で被害者に示談させるかを競っています。

刈谷市の交通事故被害者の皆様は、示談交渉する前に、遅くとも、示談書に署名押印する前に、弁護士法人名古屋総合法律事務所岡崎事務所に、ご相談ください。

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、交通事故の被害者側専門の弁護士事務所です。

日本の各地で被害者側で頑張っている弁護士事務所で構成されている全国交通事故弁護団の正会員です。

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、損害保険会社と顧問契約はありません。
また、損害保険会社と業務の委託関係も一切ありません。
刈谷市の交通事故被害者の皆様は、弁護士法人名古屋総合法律事務所岡崎事務所に、安心してご相談できます。

弁護士法人名古屋総合法律事務所岡崎事務所は、交通事故被害者の皆様の不安や、加害者や保険会社の対応に対する皆様のお怒りなどを、お伺いします。
刈谷市の交通事故にあわれた被害者の皆様は、お気軽に弁護士法人名古屋総合法律事務所岡崎事務所に、ご相談ください。

刈谷市の令和元年の人身事故件数は、651件、死傷者数は、742人です。

悩んでいるのはあなただけではありません。
悩むより、まず早くご相談ください。
弁護士法人名古屋総合法律事務所岡崎事務所は、ご相談者様、ご依頼者様の利益が最大限になるよう、加害者や保険会社と解決まで全力で闘います。
必ず皆様のお力になれるよう、全力を尽くします。

名古屋総合法律事務所岡崎事務所

1. 弁護士法人名古屋総合法律事務所の解決事例

事故の形態・累計によって、一般的な過失割合となった事例

事故の状況

Dさんは車で通勤していたところ、信号のない交差点で左側から進んできた車と、出合い頭に衝突をしてしまいました。
本来であれば相手方の車が走ってきた道路に一時停止の標識があり、Aさんの道路のほうが優先でした。が、相手方は一時停止を無視し、Aさんのほうが一時停止道路なので止まると思ってしまい、事故が起こりました。
Aさんの車は損傷、Aさん自身はむち打ち症になってしまいました。

ご依頼内容

Dさんは、どうしたらいいか分からないということで、 当事務所に相談にいらっしゃいました。
Dさんの希望としては、相手方が一時停止違反をしたことから過失割合を争いたいということでした。
そのため、相手方の保険会社との交渉の際は、過失割合を中心に争うことにしました。

解決までの道のり

依頼を受け、Gさんの状況を伺ったところ、Gさんは看護師として15年以上働いており、前職の月所得は30万円。

事故当時の就職活動の状況から、事故がなければ、前よりもっと良い待遇で再就職できた可能性が高いことが判明しました。

解決の内容

交渉の席ではお互いに交通事故の対応に関する主張をいたしました。
その結果、「相手方の車が一時停止違反をしていること」以外は、Dさんにも相手にも有利不利な事情がなかった頃から、最終的には一般的な過失割合ということで決着しました。

所感

交通事故の場合は、ある程度、事故の形態・類型によって、過失割合がどの程度になるのか、という事例が積み重ねられています。
細かな過失割合は、個別の事例で変わってきますが、どちらが有利か不利かは事故形態と類型によって、決まることが多いです。
また、最終的な過失割合も、特別に有利・不利な点がなければ、事故形態と類型でだいたい確定することが多いと考えられます。

2. 弁護士法人名古屋総合法律事務所 岡崎事務所が選ばれる理由

(1) 地元愛知・名古屋に密着!

当事務所は、岡崎市と名古屋市丸の内に相談できる窓口がございます。

そのため、地元の地理に明るく事故の原因の把握もスムーズです。

(2) 相談料・着手金0円(完全成功報酬制)

ご相談者様の負担にならないよう、

相談料金 0円(初回、2回目のみ)
着手金 0円
費用については完全成功報酬制(後払い)

の料金体系を敷いています。

(3) 事故直後からご相談可能

症状が固定される前の相談は受け付けない、という事務所もありますが、
当事務所は違います。

交通事故の被害者が最もサポートを必要とするのは、
事故直後から、どこの病院で、どういった治療を受けるのか、
後遺障害の等級認定はどうするのかという細かなサポートを行い、
被害者が適切な等級認定を得、また適正な賠償金を得ることを目指しています。

(4) 医療機関へ同行します

後遺障害が残ってしまった場合、適切な賠償を受けるためには診断書が必要です。

その診断書を作成する際、被害者と医師との面談に、弁護士が同行し担当医にどんな検査をしていただきたいか伝え、書面の中で強調してほしい点などがあれば、直接お願いしています。

(5) 後遺障害の等級認定もサポート可能。

後遺障害の認定は、医学的な知識があり、なおかつ等級認定を熟知していることが必要な特殊分野です。

当事務所では、この分野に詳しい外部専門家と連携して、適正な認定が受けられるようサポートいたします。

3. ご相談までの流れ

(1) お電話かメールで、ご相談の予約をお願いします。

(2) 相談票への記入をし、ご返送をお願いします。

(3) ご相談当日、事務所にお越しください。

名古屋市丸の内にある丸の内事務所か、岡崎にある岡崎事務所、
どちらかご予約いただいたほうにお越しください。

詳しくはこちらをご覧ください。

4. 料金・費用

弁護士費用特約がある場合とない場合とで、料金は変わってきます。

詳しくはこちらをご覧ください。

5. 交通事故 Q&A

Q1

自賠責保険に限界はあるの?

Ans.

自賠責保険とは、自動車損害賠償保証法(自賠法)を根拠に、運行の用に供するための自動車につき国が加入を義務づけている強制保険です。

続きはこちら

Q2

付き添い看護料の計算法を教えてください

Ans.

交通事故の被害者が入院、通院する場合、付添看護が必要になる場合があります。

①この負担について、損害賠償請求することができるのか、
損害賠償請求できるとして、その金額はどのように計算するのか

が問題となります。

続きはこちら

6. 刈谷警察署管轄区域の交通事故状況

刈谷警察署
死傷者数 子供 若者 一般 高齢者
うち
死者数
うち
死者数
うち
死者数
うち
死者数
うち
死者数
平成29年 1,047 4 83 0 162 0 691 2 111 2
令和元年 742 1 43 0 122 0 495 0 82 1

愛知県警察HP 交通統計より