交通死亡事故に強い名古屋市の弁護士の無料相談|愛知県

死亡事故

交通事故でご家族を亡くされた皆様へ

shiboziko大切なご家族が交通事故で亡くなってしまったご遺族の皆様は、
深い悲しみとともに精神的に大きな負担を抱えていらっしゃると思います。

その上、事故の直後より加害者側との示談交渉を進めていかなければなりません。
加害者への怒りや憎しみ、ご家族を亡くしたことの悲しみを抱えたまま、
ご自身で相手方との交渉をされるのは、非常に辛いことです。

私達弁護士が、苦しみの中にあるご遺族の方の、少しでもご負担を解消できるよう、
また、ご遺族が適正な損害賠償を受けられるよう、加害者への損害賠償請求のお手伝いをさせて頂きます。

死亡事故の場合のご相談から解決までの流れ

交通事故で被害者の方が亡くなる→ご遺族が弁護士に無料法律相談→ご遺族が加害者に対する損害賠償請求(加害者加入の任意保険会社に対する保険金請求)を弁護士に依頼→これ以降は、損害賠償請求(保険金請求)の手続きはすべて弁護士が行います→弁護士が加害者加入の任意保険会社に受任通知(今後はご依頼者様の代わりに弁護士が全て対応するという通知)を発送→弁護士が加害者加入の任意保険会社と損害賠償金額(保険金額)について交渉※交渉の経過は随時、弁護士がご依頼者様に報告いたします→保険会社が提示する損害賠償金額(保険金額)を受け入れるかご依頼者様と弁護士が相談→(受け入れる場合)→示談→和解 | (受け入れない場合)→裁判→判決

ご相談に来ていただくタイミング

任意保険会社は、利潤追求を目的とする営利企業ですので、保険金額を低く抑えようとしてきます。
任意保険会社が最初に提示する保険金額は、適正額に比べてかなり低額な場合が多いですが、そのことを知らないご遺族の方は、その金額で合意してしまう傾向にあります。
ご遺族の方が、すぐには合意せず、保険金の増額交渉をした場合でも、任意保険会社は交通事故のプロですので、増額を獲得することは極めて困難ですし、大変な手間がかかります。
一方、弁護士は、法律のプロとして任意保険会社と対等に交渉できますし、最終的には裁判を起こすことで適正額の保険金額を獲得できる場合が多いです。

死亡事故の場合は、弁護士に依頼するかどうかで最終的に1000万円以上も獲得金額が違うこともままあります。
弁護士に依頼することで、保険会社と交渉する手間もなくなりますので、できるだけ早いタイミングで弁護士に相談されることをおすすめします。


顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352