むち打ち(首) | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

むち打ち(首)

むちうち症とは

首むちうち症は医学的な名前ではなく、正式には、「外傷性頸部症候群」「頸椎捻挫・腰椎捻挫」と言います。
むちうちは交通事故の代表的な後遺症であり、多くの被害者の方が悩まれています。 症状としては、頚部・頭部痛、頭痛、肩こり、めまい、いらいら、手の震えやしびれなどがあげられます。
事故にあって数日間は症状がでなくても、後から症状がでることがありますので、必ず医師に診てもらうようにしてください。医師の診療を受けていないと、後から交通事故との因果関係を証明するのは難しくなってしまうためです。

 

むちうち(外傷性頸部症候群)の後遺障害

むちうちは、後遺障害に該当しないと思われている方も多いのではないでしょうか。むちうちは、見た目では外傷がないため後遺障害の認定は簡単ではありません。しかし、むちうち症は、これまでにも後遺障害に認定された判例がありますので、適正な検査と治療を行い、それでも痛みが取れないときは、後遺障害の認定を受けることが大切です。

後遺障害認定を受けるには、「後遺障害診断書」を主治医に作成してもらうしてもらう必要があります。この後遺障害診断書を元に、交通事故被害者の等級が認定されます。

障害が認定されるためには、医学的に証明できる症状が残っていることがポイントとなります。

12級は、首や上肢、背中などに残っている症状が、レントゲンやCT、MRIなどの検査結果があるなど、他覚的所見により認められる場合です。

14級は、検査結果からなどからは証明することができないが、受傷時の状態や治療の経過などから一貫性が認められ、医師が症状を推定でき、将来においても回復が困難と見込まれる場合です。

12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号 局部に神経症状を残すもの

 

名古屋総合法律事務所は診断書作成からサポートいたします

初めて交通事故に遭われた被害者様が、むちうち症状の後遺障害認定を受けるには、わからないことだらけだと思います。
「体が痛くてつらいのに、保険会社からしつこく電話が掛かってくる・・・」。むち打ち症状は怪我のように目に見えるわけではないので、周囲の理解を得るのが難しいばかりか、加害者の保険会社からも仕事を休む必要はないなど言われてしまいます。痛みを我慢し、満足な日常生活が送れず、辛い日々を過ごされているでしょう。

後遺障害認定の経験豊富な専門家のアドバイスを受けて、後遺障害診断書を作成すればむちうちが後遺障害として認められる可能性は格段に高くなります。名古屋総合法律事務所では、事故直後から弁護士や専門スタッフがサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。


顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352