岡崎市・幸田町(額田郡)の交通事故被害で悩む皆様へ | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

岡崎市・幸田町(額田郡)の交通事故被害で悩む皆様へ

名古屋総合法律事務所では、岡崎市、幸田町(額田郡)の皆様のご相談をお受けしております。

岡崎市、幸田町(額田郡)は、岡崎簡易裁判所(名古屋市中区三の丸1-7-1) の管轄区域です。

当事務所では、名古屋市内のお客様だけでなく、愛知県内のみなさまのご相談もお受けしております。

ご自宅からは離れますが、「家族や近所の人に知られることなく相談したい」というプライバシーを重視したお客様から、ご依頼をたくさん承っております。

公共交通機関でアクセスのしやすい、当事務所までご相談ください。

名古屋総合法律事務所がある丸の内は、久屋大通・堀川・桜通・外堀通で囲まれた町丁で、西に名駅、東南に錦三丁目・栄と名古屋を代表する繁華街に隣接しています。また北側には名古屋の官庁街である三の丸地区があり、足をのばせば名古屋城散策が出来ます。また、名古屋の古くからの町域であることを示す名古屋東照宮なども残っています。地下鉄久屋大通駅からはセントラルパーク地下街が広がり、お買い物にも便利です。

お仕事帰り・土曜相談もご相談受け付けます。

お仕事をお持ちの方は、平日昼間は自由な時間がなかなか取れないと思います。そんな方へ、毎週火・水曜日は夜9時まで相談を実施しております。桜通線丸の内駅4番出口から徒歩2分圏内ですので、お仕事帰りにお越しいただけます。

また、「平日はどうしても都合がつかない」という方へ、毎週土曜日の9時~17時まで、「土曜相談」を開催しております。

岡崎市

土管坂

愛知県のほぼ中央に位置する三河地方の中核地で、美濃三河高原と岡崎平野の接点に位置します。古来より東西交通の要衝であり、東海道宿場町、城下町として栄え、歴史的に西三河地方の中心都市として機能してきました。現在、国家機関、裁判所や検察庁の支部などの公的行政機関や、各種メディアの支局などが置かれています。

市域には矢作川や乙川が流れ、市東部の桑谷山周辺は、三河湾国定公園に属します。豊富な水を利用した水田地帯、および自動車関連や化学繊維などの大規模工場が数多く操業しています。東部山間地帯の人口は少なく、平野部に人口が集中しています。

徳川家康の生誕地、「八丁味噌」の産地として、全国的に有名です。徳川家及び三河武士に由来する数多くの歴史資産や、大学などの研究教育施設が多く、文教都市としても知られています。豊田市に隣接しており、そのベッドタウンとしての性格も持っています。花火、石製品、額田の豆腐などの地場産業もあります。

市内は、徳川家拠点の岡崎城をはじめ、史跡や観光資源の宝庫です。伊賀八幡宮、六所神社、滝山東照宮などの国指定重要文化財、八丁味噌蔵、本光寺、旧石原家などの国登録有形文化財、また、重要文化財を含む多くの貴重なを擁する寺院などが集中しています。城を中心とした岡崎公園は桜の名所として知られ、旧石器時代における複合遺跡(国指定史跡)なども数多く見られます。

鉄道路線は、JR東海・東海道本線と名鉄名古屋本線、愛知環状鉄道線3路線が通り、市域を東海道新幹線が横切っています。JR岡崎駅と名鉄東岡崎駅が中核的存在です。また、名鉄バス、知多乗合バス、まちなか賑わいバス、額田地域内交通などのバス路線によって、市内のほか周辺各地、中部国際空港と繋がっています。東名ハイウェイバス、ドリームとよた号、新宿ライナーなどによって、東京や横浜、静岡などと結ばれています。

人口は、381,563人です(平成27年8月1日現在:岡崎市HPより)。


岡崎市の道路事情

東名高速道路の岡崎インターチェンジ付近をはじめ、国道1号・248号・301号・473号をはじめ、主要地方道である県道26号・35・37号・39号・43号・44号・47号・48号・56号・76号・78号など多くの県道が走る交通の要衝であり、市内各所で渋滞発生が見られます。
近い将来、新東名高速道路が開通し、岡崎東インターチェンジが設置される予定です。

平成26年中に発生した交通事故のうち、人身事故件数は2,317件(うち重傷事故44件:幸田町を含む)、死傷者数2,743名(うち死者12名)となっています(愛知県警察本部交通部『愛知県の交通事故発生状況:平成26年中』より)。

幸田町(額田郡)

愛知県の中南部に位置し、額田郡を構成する唯一の自治体です。町の東部・南西部に100m~400mの丘陵が続き、広田川を中心に平野が広がっています。JR幸田駅周辺や三ヶ根駅周辺に市街地が形成され、町内各所にも集落が点在します。

工業では、自動車関連産業や化学繊維、電気産業などを中心に製造業が盛んで、大規模製作所や工場、および中部工業団地など多くの工業団地を抱えます。農業では、特産品の筆柿やハウス栽培のイチゴが有名で、筆柿は全国の生産量の95%を幸田町が占め、生産量は全国一です。

幸田町は、徳川家康に仕えた大久保彦左衛門の出身地としても有名です。町内には、国指定の重要文化財を擁する正楽寺などの寺院や史跡、三河地震(昭和20年)による深溝断層(愛知県指定天然記念物)などがあり、三河萬歳(国指定重要無形民俗文化財)も伝えられています。彦左まつりや凧揚げまつりなどには、多くの観光客が集まります。

町内にはJR東海東海道本線が南北に通り、幸田駅など3駅が設置されています。東海道新幹線が東西に横切っています。また、町営えこたんバスが運行されています。

人口は、39,583人です(平成27年9月1日現在:幸田町HPより)。


幸田町(額田郡)の道路事情

国道248号が南北を貫き、国道23号および岡崎バイパス・蒲郡バイパスをはじめ、主要地方道である県道41号・78号など多くの県道が通っています。また、大規模工場や製作所の周辺道路では、通勤ラッシュ時に渋滞が見られます。

平成26年中に発生した交通事故のうち、人身事故の件数は177件(うち重傷事故44件:岡崎市を含む)、死傷者数は213名(うち死者0名)となっています(愛知県警察本部交通部『愛知県の交通事故発生状況:平成26年中』より)。

岡崎市から当事務所へのアクセス方法

名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階

map

【鉄道・地下鉄】

JR岡崎駅からお越しのお客様
JR東海道本線・岡崎駅→名古屋駅(名古屋市営地下鉄桜通線のりかえ)→ 丸の内駅→事務所(丸の内駅4番出口から徒歩2分):所要時間 JR岡崎駅から約50分
名鉄東岡崎駅からお越しのお客様
名鉄名古屋本線・東岡崎駅→名鉄名古屋駅(名古屋市営地下鉄桜通線のりかえ)→丸の内駅→事務所(丸の内駅4番出口から徒歩2分):所要時間 名鉄東岡崎駅から約45分

※各交通機関での所要時間はあくまで目安であり、交通事情により異なります。ご注意ください。


顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352