豊田市、みよし市の交通事故被害で悩む皆様へ | 名古屋市の交通事故、後遺障害に強い弁護士の無料相談|愛知県

豊田市、みよし市の交通事故被害で悩む皆様へ

名古屋総合法律事務所では、豊田市、みよし市の皆様のご相談をお受けしております。

豊田市、みよし市は、岡崎簡易裁判所(名古屋市中区三の丸1-7-1) の管轄区域です。

当事務所では、名古屋市内のお客様だけでなく、愛知県内のみなさまのご相談もお受けしております。

ご自宅からは離れますが、「家族や近所の人に知られることなく相談したい」というプライバシーを重視したお客様から、ご依頼をたくさん承っております。

公共交通機関でアクセスのしやすい、当事務所までご相談ください。

名古屋総合法律事務所がある丸の内は、久屋大通・堀川・桜通・外堀通で囲まれた町丁で、西に名駅、東南に錦三丁目・栄と名古屋を代表する繁華街に隣接しています。また北側には名古屋の官庁街である三の丸地区があり、足をのばせば名古屋城散策が出来ます。また、名古屋の古くからの町域であることを示す名古屋東照宮なども残っています。地下鉄久屋大通駅からはセントラルパーク地下街が広がり、お買い物にも便利です。

お仕事帰り・土曜相談もご相談受け付けます。

お仕事をお持ちの方は、平日昼間は自由な時間がなかなか取れないと思います。そんな方へ、毎週火・水曜日は夜9時まで相談を実施しております。桜通線丸の内駅4番出口から徒歩2分圏内ですので、お仕事帰りにお越しいただけます。

また、「平日はどうしても都合がつかない」という方へ、毎週土曜日の9時~17時まで、「土曜相談」を開催しております。

豊田市

車

豊田市は愛知県のほぼ中央、愛知県北部(西三河地方)に位置します。2005年いわゆる平成の大合併により人口・面積とも大きく増加し、現在、人口は県内第2位(1位:名古屋市)、面積は県内最大(全体の17.8%)です。世界的に事業展開するグローバル企業・トヨタ自動車株式会社(以下「トヨタ自動車」という)が本社を置く、企業城下町として全国的に有名です。

最先端のものづくり中枢都市としての側面とともに、市域の約7割を占める森林、市域を貫く矢作川、季節の野菜や果物を実らせる田園地帯としての顔を併せ持っています。北部や東部の山間地域は中部山岳地帯の南縁を成して愛知高原国定公園に属し、南西部は三河平野に連なる平坦な田園地帯に、西側は名古屋市東部の丘陵地に連なります。市内には矢作川、籠川、伊保川などが流れており、市内の標高差は3.2m~1,229mとなっています。

豊田市には、トヨタ自動車の本社をはじめ、工場、PR施設、社員のための福利厚生施設など様々な施設があります。トヨタ記念病院をはじめ、トヨタスポーツセンター、ホテル、結婚式場、流水プールなどの施設があり、社員以外の人にも開かれています。各工場に勤務する労働者には、南米系を中心とする外国籍住民も多く、市北部郊外の保見団地は日系ブラジル人が多く在住することで全国的に有名です。

一方、小原地区の和紙、稲武地区の養蚕など、豊田市の伝統産業もよく知られています。米や自然薯、春の七草、茶、桃、梨などの農産物や、シンビジウム・菊などの栽培も盛んです。杉や檜などの木材の加工・生産も盛んに行われています。

市内には、名鉄豊田線、名鉄三河線、愛知環状鉄道、愛知高速交通(リニモ)の鉄道路線が通っています。また、名鉄バス、豊栄交通、コミュニティバスがバス路線を形成しています。豊田市駅から名古屋中心部や名古屋駅を直接つなぐ都市間高速バス、中部国際空港への直行バスがあります。

市内には、多くの史跡・文化財・観光施設があります。豊田おいでんまつり、綾渡の夜念仏と盆踊(重要無形民俗文化財)、中馬のおひなさんなどの祭事・伝統行事が年間を通じて開催されています。

また、樹齢1000年を超える県下最大の貞観杉や、天竜奥三河国定公園の面ノ木原生林では、樹齢300年近くのブナの原生林が有名です。また、三河湖、奥三河・足助の街並みなどをはじめ、「百選」の指定を受けた観光資源が数多く見られます。鮎などの川魚をつかみどりできる「やな」、温泉施設も多数存在し、多くの観光客でにぎわいます。

人口は、422,750人です(平成27年8月1日現在:豊田市HPより)。


豊田市の道路事情

東名高速道路(豊田IC)、伊勢湾岸自動車道(豊田東IC・豊田南IC)、東海環状自動車道(豊田松平IC・豊田勘八IC・豊田藤岡IC)が通り、新東名高速道路が開通予定です。猿投グリーンロードや衣浦豊田道路、国道153号・155号・248号・257号・301号419号・420号・473号ほか多くの県道が一大道路網を形成しています。自動車企業城下町ということもあり、自家用車利用比率は高いと言われています。

平成26年中に発生した交通事故のうち、人身事故件数は1,857件(うち重傷事故51件:みよし市を含む)、死傷者数2,275名(うち死者10名)となっています(愛知県警察本部交通部『愛知県の交通事故発生状況:平成26年中』より)。

みよし市

愛知県のほぼ中央、西三河地域の北西部にあり、名古屋市と豊田市の間に位置します。境川などの流域平野と標高数+10mほどの丘陵地からなり、市北部の山林地域、南部の農村地域と自然も多く残っています。

交通の利便性や好立地条件を背景に、名古屋市や豊田市などのベッドタウンとして近年住宅開発が進みました。「住みよさランキング2010年」(東洋経済新報社)では全国787市区のうち「住みよさ」第1位、同ランキング2014年では全国11位(県内2位)と評価されました。

市内には、トヨタ自動車の三工場をはじめ、系列企業を中心とする自動車関連産業が発展し、多様な分野の企業が数多く立地しています。また、豊富な農作物や果物生産も行われており、柿・ナシ・ブドウなどの栽培が盛んで、柿や梅など使った酢ドリンクも開発されています。

市の北部地区には名鉄豊田線、名古屋市営地下鉄鶴舞線が通り、名古屋市中心部へとつながっています。名鉄バス、さんさんバス、三好ヶ丘ループバス、愛知学泉大学・日本赤十字豊田看護大学スクールバスなどが市内道路網を形成しています。

また、スポーツが盛んで、「わかしゃち国体」(1994年)を契機に建設されたカヌー競技場を中心に、世界選手権大会なども開催されています。市内の二つの大きな池では、地元市民や中高生などによるカヌーが盛んです。カヌーの日本ゴルフツアー機構・日本女子プロゴルフ協会公認「東海クラシック」が10月に開催されます。

夏季大祭「三好大提灯まつり」や三好八幡社秋の大祭などの伝統行事には、多くの人々が集まります。また、文化のまちを目指す一環で「アートタウン三好彫刻フェスタ」が開催され、入選作品が市内各所に設置されています。

人口は、60,148人です(平成27年9月1日現在:みよし市HPより)。


みよし市の道路事情

東名高速道路(東名三好IC)が自動車交通の玄関口となり、国道153号(豊田西バイパス)、主要地方道である県道54号・56号をはじめ多くの県道が市域を通っています。

平成26年中に発生した交通事故のうち、人身事故件数は294件(うち重傷事故51件:豊田市を含む)、死傷者数360名(うち死者3名)となっています(愛知県警察本部交通部『愛知県の交通事故発生状況:平成26年中』より)。

豊田市、みよし市方面から、当事務所へのアクセス方法

名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階

map

【鉄道・地下鉄】

豊田市からお越しのお客様
名鉄三河線・豊田駅→丸の内駅→事務所(丸の内駅4番出口から徒歩2分):所要時間 名鉄豊田駅から約50分
みよし市からお越しのお客様
名鉄豊田線・米野木駅(日進駅)→丸の内駅→事務所(丸の内駅4番出口から徒歩2分):所要時間 名鉄米野木駅(日進駅)から約35分

※各交通機関での所要時間はあくまで目安であり、交通事情により異なります。ご注意ください。


顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352