ブログトップ | 名古屋市の弁護士の交通事故,後遺障害,死亡,人身損害事故の相談|愛知県岡崎市

交通事故で通院先病院からの転院について

1. はじめに

交通事故に遭った後、救急搬送され、事故現場近くの病院に入院ということがあります。入院せずとも、しばらく事故現場近くの病院に通院するということもあります。

たまたま事故が発生した場所が自宅から通いやすいところにあればよいのですが、そうでない場合、通院するだけでもたいへんな負担になります。

2. 転院のメリット

また、通院先の病院の主治医との相性が悪く、不満を抱えており、別の病院で診てもらいたい場合もあります。

このような場合、転院を諦める必要はありません。保険会社に対して、治療先の変更の申し入れをして、認められれば、転院しても治療費の支払いが打ち切られるわけではありません。多くの場合、転院を認められています。

専門分野で強いとか、患者目線の医師は、損害賠償請求にあたって心強い味方になるだけでありません。安心して治療できることによって、通院を怠らず適切な治療計画を守ることができます。
精神的な苦痛から症状が悪化する傷病もありますが、そのような場合には、ストレスによる快復の遅れを回避することができます。

3. 闇雲な転院は避けましょう

ただし、治療先変更の申し入れの時期が症状固定時期であったり、転院を繰り返している等の場合は、必ずしも転院が認められるわけではありませので、注意が必要です。転院が認められるかは理由次第というところがあります。

多くの場合は、転院に正当な理由がありますので、これをよく説明すれば、保険会社から無用な疑いをかけられずに済みます。転院に躊躇し、委縮する必要はありませんが、闇雲に転院することは避けるべきです。転院の際は、転院先につき十分にリサーチをしておく必要があります。

顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352