お問合せでよくある質問について | 名古屋市の交通事故に強い弁護士【名古屋総合法律事務所】愛知県

名古屋市の交通事故,後遺障害に強い弁護士の無料相談

名古屋の弁護士による 交通事故相談 相談料・着手金0円 賠償金増額のプロフェッショナル集団 名古屋総合リーガルグループ

名古屋・丸の内本部事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

金山駅前事務所

金山駅
南口 正面すぐ

本山駅前事務所

本山駅
3番出口すぐ

岡崎事務所

JR岡崎駅
徒歩8分

お問合せでよくある質問について

当事務所でご相談を希望されている方より連絡をいただきましたら、担当事務の方でご事情を伺うこととなっております。

今回は、交通事故のご相談でよくある質問について、担当事務よりお話できる範囲で紹介、回答させていただきます。

怪我をした女性

Q1. 弁護士特約を利用して相談したいのですが、今後の保険料に影響は出ますか。

A. 弁護士特約を利用したからといって、等級が変わることはありません。

Q2. 配偶者(夫や妻)の損害保険に弁護士特約がついていますが、自分が遭った交通事故について、弁護士特約が使えるのでしょうか。

A. 配偶者様の保険証書をご確認いただく、もしくは配偶者様の損害保険会社に問い合わせみてください。

契約内容によって、同居家族の方の交通事故も使える可能性があるので、まずは確認と問合せをお願いいたします。

Q3. 交通事故の被害者が亡くなってしまいました。遺族が相談に行くことは可能ですか。

A. 被害者様の法定相続人であれば、ご相談をお受けすることができます。
法定相続人の範囲としては以下の通りになります。

被害者様(被相続人)に配偶者がいる場合
→配偶者と血族相続人のうち、1番相続順位が高い人

被害者様(被相続人)に配偶者がいない場合
→血族相続人のうち、1番相続順位が高い人


相続順位 法定相続人の範囲
第1順位 被害者様(被相続人)の子ども
第2順位 被害者様(被相続人)の親
第3順位 被害者様(被相続人)の兄弟姉妹

※第1順位や第3順位となる人が被害者様(被相続人)の相続開始前に亡くなっている場合は、孫や甥姪が代わって相続することができます。(代襲相続)

※相続人の範囲の話につきまして、詳しくはこちらをご覧ください。

Q4. 社用車の運転中に事故に遭いました。会社の損害保険についている弁護士特約を利用して相談はできますか。

A. 契約内容により、勤務中の事故について、社員が弁護士特約を利用して法律相談できる可能性がありますので、まずは会社の損害保険のことについて知っている方や加入されている損害保険会社に確認をしてみてください。

(逆にご自身の加入されている損害保険の弁護士特約を利用して法律相談することができない可能性もあります。その場合も一度損害保険会社に確認をしてみてください。)

さいごに

交通事故に被害に遭われてどうしたらいいのか、怪我が治るのか等心配事は尽きないと思います。交通事故の被害に関する相談がございましたら、一度弊所にお問合せいただければ幸いです。

腕を組む男性