赤信号で後ろから前方不注意の車に追突された事例 | 名古屋市の交通事故に強い弁護士【名古屋総合法律事務所】愛知県

名古屋市の交通事故,後遺障害に強い弁護士の無料相談

名古屋の弁護士による 交通事故相談 相談料・着手金0円 賠償金増額のプロフェッショナル集団 名古屋総合リーガルグループ

名古屋・丸の内本部事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

金山駅前事務所

金山駅
南口 正面すぐ

本山駅前事務所

本山駅
3番出口すぐ

岡崎事務所

JR岡崎駅
徒歩8分

赤信号で後ろから前方不注意の車に追突された事例

事案の概要

post-4596

Aさんは、自動車の運転中、赤信号で停車しているところを、後ろから前方不注意の車に追突され、むちうちになりました。

Aさんは、加害者の保険会社の負担でしばらく通院しましたが、加害者の保険会社が突然、これ以上は治療費は負担できないと言ってきました。

Aさんはまだ怪我が治っておらず、痛かったため、自費で通院をしばらく続けたうえで、ある程度回復したので、保険会社から賠償額の提案を受けました。

しかし、その中では、Aさんが自費で通院した期間が考慮されていなかったことから、それが妥当かどうか分からず、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

解決までの道のり

当事務所では、Aさんが自費で通院した期間も考慮して、加害者側に損害賠償請求をし、交渉をした結果、最終的には当初の保険会社の提示額から2倍程度の額の怪我・通院の慰謝料額を受け取ることで解決しました。

事件解決までに要した時間

約2ヶ月

所感

交通事故の場合、むちうちなど外面からは分からない怪我が生じ、なかなか治らないことがあります。

このような場合、損害保険会社は、被害者に過失がない場合でも、一定の期間で治療費の負担を打ち切ってくることが多いと考えられます。

保険会社が治療費の負担を打ち切っても、自費で治療した上で、後で治療費を賠償請求することも可能ですが、それが長期間にわたるなどした場合には、必ずしも認められるとは限らないことに注意が必要でしょう。

当事務所の解決事例の最新記事