名古屋市の交通事故,後遺障害に強い弁護士の無料相談

名古屋の弁護士による 交通事故相談 相談料・着手金0円 賠償金増額のプロフェッショナル集団 名古屋総合リーガルグループ

名古屋・丸の内本部事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

金山駅前事務所

金山駅
南口 正面すぐ

本山駅前事務所

本山駅
3番出口すぐ

岡崎事務所

JR岡崎駅
徒歩5分

父親が自動車と衝突したことで意思疎通が困難になってしまった事例

事案の概要

Aさんは、父親が歩いている際に自動車と衝突したことで意思疎通が困難になったため、自分ではどのように対処したらいいか分からず、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

解決までの道のり

お話を聞くと、いわゆる高次脳機能障害となっていると予想され、意思疎通やご自身での財産管理が困難と思われましたので、まずは成年後見の申立てから代理しました。

Aさんが成年後見人に選任された後、当事務所では、高次脳機能障害による後遺障害等級の認定のための書類の準備を行い、最終的には後遺障害の等級として2級が認定され、その上で相手方の損害保険会社と交渉を行いました。

交渉を行った結果、Aさんの父親の将来の介護費や後遺障害の慰謝料に加え、Aさんの親族固有の慰謝料も獲得して解決することができました。

事件解決までに要した時間

約1年半

所感

重大な交通事故の場合、高次脳機能障害を発症し、成年後見等が必要になる場合があります。
このような場合には、損害賠償の交渉をする前に、まずは成年後見人を選任する必要がありますが、親族が後見人になれる場合もあります。

当事務所の解決事例の最新記事