名古屋市の交通事故,後遺障害に強い弁護士の無料相談

名古屋の弁護士による 交通事故相談 相談料・着手金0円 賠償金増額のプロフェッショナル集団 名古屋総合リーガルグループ

名古屋・丸の内本部事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

金山駅前事務所

金山駅
南口 正面すぐ

本山駅前事務所

本山駅
3番出口すぐ

岡崎事務所

JR岡崎駅
徒歩8分

賠償請求するために成年後見人を申立てた事例

事案の概要

Aさんは、親が事故に遭い、意識不明の状態が続くようになりました。

保険会社から賠償の話があっても、どのように対応したらいいか分からず、当事務所に相談にいらっしゃいました。

状況図

解決までの道のり

当事務所では、事故のご本人が意識不明であり、意識を回復する見込みがなかったことから、賠償請求をするためにも成年後見を申立て、Aさんに成年後見人になってもらいました。

その後、症状固定の時期を見計らった上、訴訟を提起し、過失相殺、将来介護費等の様々な費目に対して主張立証を行い、最終的には事故のご本人が将来的に生活する上で十分な金額の和解をすることができました。

事件解決までに要した時間

約3年

所感

意識不明の状態が続くと、いわゆる高次脳機能障害として、後遺障害の状態は重大だと言えます。

ご本人が意識不明で、判断や意思表示ができない場合には、まずは成年後見を申し立てる必要がある場合もあります。

悩める男性

当事務所の解決事例の最新記事