加害者の保険会社から通院を打ち切ってほしいという連絡があった事例 | 名古屋市の弁護士の交通事故,後遺障害,死亡,人身損害事故の相談|愛知県岡崎市

加害者の保険会社から通院を打ち切ってほしいという連絡があった事例

事故の状況

golf

Aさんは、高速道路の渋滞で停車していたところを、後ろから追突されました。

車体の後部が大きく破損し、Aさんも体に痛みを憶えたため、加害者の保険会社と相談し、整形外科と接骨院に通院していました。

6か月もたたないうちに、加害者の保険会社から通院を打ち切ってほしいという連絡がありました。そこでAさんは、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

Aさんにご体調をお聞きし、まだ事故の影響で体が痛いということでしたので、保険会社と交渉し、通院期間を半年以上に伸ばすことにしました。

その上で、Aさんが医師に後遺障害認定のための診断書を書いてもらう際に、どのような検査をしてほしいか、どのような検査結果等を記載してほしいかの資料をお渡しし、医師に適切な後遺症診断書を書いてもらいました。

その結果、後遺症等級として14級が認定され、最終的には、通院の慰謝料だけでなく、後遺障害慰謝料や逸失利益も獲得することができました。

解決に要した期間

約1年間

所感

交通事故で怪我を負いますと、治療をしても痛みが残ることがあります。このとき、むちうちで後遺障害が認められるかどうかで、最終的な損害賠償額は大きく変わってきます。

後遺障害が認められるためには、適切な後遺障害診断を受けることが必要になります。

当事務所の解決事例の最新記事

顔が見える地元愛知の弁護士です!事故発生から解決まで、依頼者と同じ目線でトータルサポートいたします。着手金0円・完全成功報酬制 0120-758-352